赤ちゃんがお腹に入る時のことと胎内記憶

今日はちょと不思議なお話しを書きたいと思います。


赤ちゃんがママのお腹に初めて入る時のお話です。

 

赤ちゃんがママのお腹にやってくるというのは
本当にすごいことです。

すごい奇跡、神秘的なことでもありますよね!

 

いったいどんなママの元に赤ちゃんは来るのでしょうか??

・ストレスがあまりなくて
・お腹がポカポカと温かくて
・あまりがつがつしたり、イライラしてなくて
・頼りないけれど、どこか抜けているところもあって

そんなママを私が助けてあげなきゃ!!

 

と思ってママのお腹の中にやってくるのだそうです。

実話を元にした45のストーリーが掲載されている本

この本は、うちの子供たちも良く読むのですが、
実話を元にした45のストーリーが載っています。

生まれる前はどんなところにいたとか
何をしていたとか

どうやって生まれてきたとか・・・

 

お話ししてくれた子どもたちの実話の物語です。

 


うちの長男は、4歳位の時から胎内記憶や
生まれる前の記憶を
話し出したのですが
その内容もこの本に載っています。


世の中には、胎内記憶がある子とない子がいて

記憶を覚えている子は喋りはじめると
どんどん教えてくれたり。。

 

空の上には、学校があって生まれる前は
そこで暮らしていて、
兄弟や姉妹で遊んだりしていたそうです。


これはうちの長男が教えてくれました。

 

生まれることを自分で決めて、
ママのお腹の中にどうやって

入ったのかも話してくれました。

 

こういう話は
信じる、信じないは人それぞれかもしれません・・

 

でも本当にそんな世界があるのだとしたら
赤ちゃんがほしくて妊活している
いつかママになる方のことも、空の上からずっと
見て
いるのかもしれないですよね?!

 

赤ちゃんが入る隙間はできていますか?
本当に赤ちゃんがほしいと心の底から思っていますか?

 

友達がみんな子どもいるからとか
ママ友がみんな2人目を産んでいるから
私もそろそろとか

親が早く、孫の顔を見たいからとうるさいから・・
とかではないでしょうか。

 

心の底から赤ちゃん絶対に欲しい!!
という願いであれば

私はきっと叶うと信じています。

 

お腹の中に赤ちゃんが入る隙間を
うまく作ってあげてくださいね

『だからママのところに来たんだよ』
この本はサロンに置いてあります。



よもぎ蒸しに入っている時に、
ゆっくりと読んでみてくださいね。