冷え症になってしまった過去の私の生活習慣その1

私が冷えや生理痛、不妊や婦人科系疾患で
お悩みの方向けに「
子宮からカラダ改善サロン」を
開いている理由に、
私自身が冷え症がとてもひどくて
このサロンを
はじめたことも1つです。

ハーブティ

たぶんですが、、、過去の私は冷えで悩まれて
サロンに来られるお客様に以上に低体温&極度の
冷え症でした。

ぜんぜん自慢できることではないですが^^;

うちのサロンには、
冷え症の方が多く来られています。

でも、過去の私よりも体温が低いお客様に今までに
お会いしたことがありません。。。

そうなってしまったひどい過去の生活を
思い起こしてみようと思います。

20代の頃、冷え症がどんなものかすら知らずに
過ごしていました。

会社員だった頃は、冬でもストッキングにヒールを
はき
足が寒くても我慢して過ごしていました。
若い頃って見た目を重視した服装になりますよね?

20代半ばの私には
寒くても足を隠すなんて考えられませんでした。

仕事が終わり帰宅するのは夜11時過ぎです。
帰りにスーパーで買ってきたお惣菜と

酎ハイを飲んで終わり。

毎日ほぼこんな生活でした。

母親からもそんなに足をさらすと冷えるから
やめなさい!と言われていましたが
全く聞く耳を
持たずに反抗的な私でした・・・

1人暮らしだったためめんどくさがりな私は
湯舟につかることは全くなく、
毎日シャワーのみ。

そのころぎっくり腰に2回なり
それが進行したのか椎間板ヘルニアも患っていたので
私の身体はボロボロでした。

平熱は夏でも35.3℃。
日本人に一番多い病のガンが
大好きなのは35℃台の低体温です。

このまま普通に暮らしていたらガンにもなりやすいし
たぶん早死にするだろうと思っていました

それから数年後・・・

冷え症に気づいたのは長男を妊娠中の
産婦人科での出来事です。

助産師さんから
「冷えがかなりひどいあなたは

難産になりやすいですよ!!」
言われたこと
がきっかけです。

え??冷えって???

私は冷え症なの?
冷え症って聞いたことはあるけれど。。。
その時言われてはじめて自分が
冷え症だったことに気づきました。

でも、どうしたらいいのか。。

妊娠中は流産にならないようにと初期から
レッグウォーマーや腹巻は使っていましたが、

冷え症改善の為に運動したりサウナにもいけないし。

とりあえずできるだけ
冷やさないようには過ごしていました。

38週での出産を迎えました。

こんなに出産が辛く時間がかかるとは
思いもよりませんでした。

30時間を超える超難産になり、
体力も限界で、疲労のせいで出産した翌日は
丸1日寝たきりでした。
もちろん、赤ちゃんも
ナースステーションに預けられ
面会できず。。。

ようやく回復して翌日赤ちゃんを抱っこしました。

冷え症、冷え症とはいうけれど、私が体験した
人生初めての恐ろしい辛い経験でした。

その後、出産がトラウマになったことは
言うまでもありません。

それから数年後、
自分の「身体の健康」と「冷え症」を治すために

なんとかしようと思い始めるのです。

続く・・・