【妊活】そろそろ1年たつけれどこのままで大丈夫?

妊活をはじめてそろそろ
1年になろうとしている。

すぐに赤ちゃんを
授かる予定だったのに
なかなか妊娠せず、

気づいたらもうすぐで
1年が経過・・・

どうしようか?・・・


こんな時

あなたならどうしますか?

①まずはネットで他の人の
体験談を見る


②妊娠しずらい原因はないかを
調べてから思い当たるなら
検査にいくべきかを考える



③夫に相談してみて

とりあえず一緒に検査に行く


④病院に行くのが怖くて
なかなか行動にうつせない。

デリケートなことですし
まずは情報を集めてから
動き出すという方も
多いのではないでしょうか。

 

長年付き合ってきた
自分の身体のことって
ある程度はわかっていると
思うけど

意外と自分では
気づいていない部分も
あるのではないでしょうか?

ネットの中の誰かと
自分を比べてみても、
体質も年齢も違うわけなので
参考になりません!

 

生理も順調だし
痛みもないし。
婦人科検診も受けているし。
思い当たる要素がほぼない。。。

 

こういった「原因は不明」と思って
サロンに来られる方もいます。


カウンセリングをすると

この辺があやしいかな??と
気になることが
見つかることもあるのです。

自分では生理のこと(日数や量)が
正常だと思っていても

それが正常ではないこともあります。

 

モリンガのサロンの
初回カウンセリングでは
特に時間をかけています。


自分の身体の不調て
いつから気になるの?

そういえばいつだっけ?

10代、20代の頃からずっと
続いている、なんていう場合も
あるんです。


こういうことって
誰かに話してみて
初めて、そうだったのか!
と気づくことってありませんか?

足ツボ

私が仕事をする上で
お客さまの体調を
読み取る時に
使っている方法が
いくつかあります。

カウンセリングはもちろん
お体にもふれてみて
感覚とか反応とかでも
分かります。

これはたくさんの患者さんや
お客さまにふれた経験から
くるものです。


早い段階で
病院での検査を
おススメする場合もありますし。


妊娠率って残念ながら
年齢とともに低下していきます。


見た目がいくら若くても
見えない身体の中身の部分の
機能は低下していくので。


赤ちゃん

赤ちゃんがほしい!
子どもがいる人生を
歩んでみたい!

けれども気づいたときは
もう遅かったでは

後悔してもしきれませんよね?

 

身体のこと、
誰かに客観的にみてもらう!

そんなことも必要かもしれませんよ♪

 

経験豊富なセラピストが
アドバイスしています。

初めての方でもお気軽にお問い合わせください。



4月&5月のご予約受付中です☆