お腹が冷えている方は生理痛にもなりやすい

お腹が冷たくて、冷えるとゴロゴロしたりしちゃう方も
いらっしゃいますよね。

お腹が冷えていると生理痛にもなりやすくなります。

冷えているかどうかは、自分の手でさわってみると
確認できます。


まず、手をお腹にあてて、お腹が冷たいな、
と感じたら冷えている証拠です。
お腹の周りには、子宮や卵巣もあるので
お腹が冷えているとこれらの臓器も
冷えている可能性が高いです。

妊活さんは、大事な子宮や卵巣を温めて血流を
よくしてあげましょう!!

とにかく冷やさないようにしましょう。

お腹周りを温めるには、毎日の腹巻がおススメです!!

私も夏用と冬用と両方もっていて、
季節ごとに変えて使っています。
夏は綿の生地で汗を吸収してくれるもの、
今月から冬用のポカポカタイプに変えたところです。

また、食べ物にも気をつけてくださいね。

きゅうりやトマトなどは夏野菜なので
身体を冷やしてしまう食べ物です。

これらの食材もなるべく控えて
温めるもの、例えば根菜やショウガなどを
積極的に採るようにするとよいです。

また、よもぎ蒸しもお腹と子宮や卵巣をダイレクトに
温めてくれます。
冷えていると便秘にもなりやすくなるので、
よもぎ蒸しに入った翌日はお通じがいいのも
そのせいなんです!!

お腹を温めることで便秘解消効果もありますよ!
妊活には便秘も大敵です。

妊娠すると、便秘になりやすくなるので
妊活中の今から便秘は解消しておきたいです。


お腹を温めながら、冷えを改善して妊活したい方は
よもぎ蒸しに入りながら
体質を改善していきましょう。

妊活コースはこちら