4月からの不妊治療の保険適用について

4月からの保険適用の対象となる
不妊治療の概要が出ました。

 

不妊治療の適用に人工授精など着床前検査は除く

 

4月から新たに適用されるのは
生殖補助医療では
女性の年齢は43歳未満。
回数は最大6回までの制限あり。
(男性の年齢制限はなし)

 

現在不妊治療は、
「一般不妊治療」と「特定不妊治療」に
分かれています。

 

一般不妊治療では、タイミング法や
人工授精などが保険適用です。

 

ですが、特定不妊治療である
体外受精や顕微授精は
保険が一切利きません。

 

なので国から30万円が
助成されています。

 

それ以外にも各市町村からの
助成金がもらえます。
(もらえる額は
住んでいる地域により異なります)

 

4月から保険適用が始まると
これらは3月末で終了になりますね。

 

今後は人工授精や体外受精も
保険適用になりますが、
現在行われている生殖補助医療は
病院によっても内容が異なり
金額も異なります。

 

なので、今後全てが
保険適用になるということは
考えられないような気もしてますが・・・

 

こちらの記事もリンクしておきます

↓ ↓ ↓

不妊治療における年齢制限