【子孫繫栄の縁起も】黒豆入り田作り

お正月のおせち料理に
欠かせない田作り

おせち料理
皆さんは、手作りしますか?

私は毎年好きなものだけ
いくつかつくります♪


もし作るのなら、
黒豆入りの田作り

いかがでしょうか。

 

黒豆が入ることで
タンパク質やカルシウムも
一緒に取れますよ!

田作り

ちなみに、、
妊活さんならこの田作り、
卵胞期
食べるのもおススメ。

 

田作りは、イワシの幼魚を乾燥させて
炒って砂糖としょうゆを絡めて
つくったもの。

 

甘辛い味で箸が止まらなく
なりませんか??

私はいつもとまらなくなります!

 

そして、、

田作りは別名で「ごまめ」
とも呼ばれているんです。

おせち料理って
一つ一つにちゃんとした
意味がありますものね。

 

田作りには、
幼魚を多く使っていることから
子宝に恵まれる、という意味もあって
「子孫繫栄」の縁起も担いでいるそうですよ!

 

ちなみに、
黒豆には、元気・丈夫・健康という意味があります。
「まめに働く」とか
「まめに暮らす」
と言われ
おせち料理には欠かせない一品ですよね!

これも好きなのでつくります♪

黒豆煮

 

とっても簡単なので
「黒豆入り田作り」のレシピも載せておきますね↓
  <材料>

  • 黒豆 30g
  • 煮干し 40g
  • バター 大さじ2
  • 黒砂糖 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1と1/2


    <作り方>
  1. フライパンを熱したら、洗って水気を切った黒豆と煮干しを入れて乾煎りする
  2. 黒豆の皮がむけて、香りがたったら取り出す
  3. 次に、フライパンを弱火にして調味料を全て入れて混ぜ、黒砂糖がとけたら、1の煮干しと黒豆を入れて絡める
  4. フライパンを火からおろし、余熱でかき混ぜ、全体に味がなじんで粗熱が取れるまで冷ましたら、出来上がり



明日は大みそか。

おおそうじも終わったので
おせち料理の準備に取りかかります♪