婦人科系や不妊のサインとなるかかと

私はサロンでの
お客様への施術のほか、
産婦人科で患者さんの
お体や足に日々ふれています。

 

女性は足首回りと
かかとの周りは決して
冷やしてはいけません!

 

足ツボ

 

以前に、子宮内膜症を抱える方への
施術をしたときのこと。

 

腰やお腹周りの冷えはありましたが、
それ以上にかかとだけが、
氷のように冷たく
冷えていました。

 

一瞬「おやっ!」と思ったので
『これは何か不調があるかも?』と
感じる位に冷たかったのです。

 

かかとには、骨盤腔のツボや子宮、
卵巣など
婦人科系のツボが
たくさん集中しています。

 

とにかく温めるように
血流がよくなるよう施術をしました。

 

本人は冷えていることにはほとんど
自覚がなかったとのこと。

 

子宮内膜症は妊娠すると
一旦落ち着くので

経過を見るようです。

 

でも、出産後に生理が再開すると
また再発することもあるので
定期的に
婦人科を
通院しなければなりません。

 

もちろん、程度により
不妊の原因にもなります。

 

自分でかかとをさわってみて、
ガサガサして
いたり
ひび割れしていたり

冷たく冷えていたりしませんか?

 

毎晩お風呂の後に
自分でもさわって
確認してみてもよいと思います。

 

当サロンのお客様にも
おうちでできる
足のセルフケアを
お伝えしています。

 

婦人科系や不妊のサインとして、
かかとや足首付近に
不調が出るケースがあるかな、
と感じています。

 


普段から足浴をしたり、
足ツボマッサージを
こまめに行っておくことも
おススメですよ!

 

長年の生活習慣や
食生活も関わってきますが、

冷やすことは婦人科系の不調を
招いてしまうことが多いので

足首回りはよく温めること!

 

足首を出したり、
冷やす服装で
生活をしていませんか?

 

寒くても
スタイルを気にするあまり
ガマンして足首を
さらしたりしていませんか?

 

ただ温かい食べ物を食べたり
飲んだりするだけでは
冷えは改善されません。

 

当サロンのよもぎ蒸しでは
血流をよくし、
子宮や卵巣にも
血液をしっかりと運ぶことが

できます。


この部分の冷えが生理痛の原因にも
なります。

 

よもぎ蒸し

 

かかと周りにある婦人科系に
効果大のツボも

しっかりと刺激します。

 

定期的に温めるケアを行うことで、
冷えや婦人科系の不調も

改善していきましょう。

 

冷えや生理痛などの婦人科系でお悩みの方に
『じっくり体質改善コース』はこちら