アロマオイルを家でも使ってみたい

「アロマ」って聞くと「リラックス」とか
「自然療法」とか「癒し」とか
いろいろなイメージを

持つ方もいると思います。

私も家にあるアロマの本や辞典などを
たまに
見返してみることもあるのですが。


改めて思うのは
女性のライフスタイルに合わせて
臨機応変に
使えるな!というところです。

 

私の主な使い方はサロンでの
「体質改善」と「妊活用」ですが。


オーガニックアロマオイル


他にもサロンのお部屋でも焚いてるのですが
これは、リラックス効果や
抗菌効果があるアロマを
使うことが多いです。


いろいろな用途を同時に使えるところも
アロマのよい部分だと
思っています。

 

お客さまの中には
自宅でも好きなアロマオイルを

何種類かそろえていて
寝る前などに芳香したり焚くなどして
使っている方もいますよね。

逆に、たくさん持ちすぎていても
使いきれないと思うし


少なすぎても
飽きるからもう少し違った

香りがほしいわ
なんていうことはありませんか?

 

人って好みが大幅に変わらないように
好きな香り自体はあまり変わりません。

 

なので、たくさんそろえすぎなくても
大丈夫

3種類くらいをそろえておけば
よいと思います。

アロマオイル

 

一番なじみのあるレモンやオレンジ
グレープフルーツなどの柑橘系

スッキリ系のローズマリーやミントなど


セルフ(ケア)マッサージに使うなら
もう1つ女性ホルモンに似た
作用がある精油あたりをもっておいても
いいかもしれません。

 

女性ホルモンて一生に
ティスプーン1杯分しか

分泌されません。


え?そんなに少ないの?
って思いませんか?

これも年齢により変わっていくのです。

 

毎月の月経周期で
体調やお肌の状態が大きく変わるように
ホルモンの分泌のしかたも変化しています。

ストレスやショックなことが
起こると
月経周期が乱れたり
月経前症候群(PMS)が

いつもよりひどくなったりしませんか?

 

感情がの上がり下がりが大きいと
ホルモンの分泌もそれに
影響されてしまうのです。


ならば、

アロマを使って身体のバランスを
とってみようというもの。

 

もともとストレスの影響を
あま受けないとか

あまり感じない方とか
うまく流せるタイプだ

という方もいますよね。

そういう方なら大丈夫かもしれませんが。

 

不安、落ち込み、心配性など
メンタル的な部分は人それぞれ
違うと思うので

自分の弱いかもという部分を
アロマで補い
気持ちの切り替えを
するのです。

 

やっぱりアロマはメンタル面
大きく使えるなと思います。

 

メンタルが弱い
不安になりやすい
月経周期に大きく左右されやすい

という方はアロマを活用して
本来の自分でいられるように

してみてくださいね。

 

サロンでは高温期や低温期別に使える
アロマオイルなども
ご用意しています。


aroma


2、3種類を混ぜて使ってみると
効能面での相乗効果が出たり
新しい香りに変わったりも
するのです。

 


自宅で使うときも
自分でブレンドしたりして
新たな香りを発見しても
楽しいと思いますよ!

 

9月のご予約受付中です。
最新予約状況はこちらをクリックしてください。